にわとこの会

代表:外山 庄一郎
事務局:日南市飫肥6丁目4-6-36
電話:0987-25-1720

 1996年5月に整形外科医院に入院していた患者ら26名で、快気を祝って結成しました。
 活動拠点は、日南の奥座敷・酒谷の奥の国有林の一部をおかりした「快気祝いの森」です。当初、5種類、100本の広葉樹からスタートした植樹会が、年を重ねるごとに職種やエリアも広がり、これまでに約30種、600本の植樹がなり、約一町歩の限られたスペースは塞がってしまいました。加えて、植えて10年も過ぎると、枝が被り合うなどして、一部の移植や間伐も余儀なくされてきた。木の成長に伴って、手狭になった森は、今では会員や会友達の記念の森に変容しつつあります。
 イベント記念や人生の節目の記念樹など10数本を数えています。園内には、バーベキューが楽しめる大きな石炉と30人位は収容できるデッキのほかは特別な設備はありませんが、利用者は増加しています。春の山菜取り、夏の水浴、秋の紅葉と味覚など、楽しみ方はそれぞれですが、四季折々の風景や生態系の観察などにも利用されています。そんな「快気祝いの森」を、地元の方たちは、いつの頃からか公園と呼んでおられるようです。
 2003年からは、森林管理署と「ふれあいの森」として契約し、市民の憩いの場として開放しています。そして、2018年には結成20周年を迎えようとしています。文字通り「ふれあいの森」として、今後も森の育成・管理に汗するべく会員の結束を図っていきます。


トップへ戻る